ヤーズは含まれている女性ホルモン(エストロゲン)の量が、現在発売されている低用量ピルよりもさらに少ない超低用量ピルです。
現在発売されている低用量ピルのエストロゲン量が0.03から0.04ミリグラムなのに対して、ヤーズのエストロゲン量は0.02ミリグラムと非常に少なくなっています。
また、含まれている黄体ホルモンの種類も、これまで発売されている低用量ピルでは採用されていないドロスピレノン(DRSP) という種類です。

DRSPはこれまでの黄体ホルモンに比べて、体の中にある自然な黄体ホルモンにとても近い働きを持っているため、むくみなどの副作用が出にくいという特徴があります。
海外では主に避妊薬として認可を受けているものですので、もちろんきちんと飲めば避妊効果もあります。
全ての月経困難症に使えます。
ルナベルは内膜症に伴う月経困難症の人にしか使えませんでしたが、ヤーズは内膜症がない人でも月経痛がひどければ保険で処方が可能です。

自己負担額はルナベルとほぼ同じですので、月2,100円くらいになります。
また、ヤーズは通販で簡単に買えるため、家に居ながらも入手することができます。
エストロゲンの含有量が0.02mgの超低用量ピルです。

ピルによる吐き気の原因はエストロゲンによる作用ですので、これまでのピルだと吐き気が強くて飲めなかったという人も副作用の心配なく使える可能性があります。
含まれている黄体ホルモンがドロスピレノンで、ドロスピレノンは副作用がでにくいというのが最大の特徴です。
体内にある黄体ホルモンに働きが近いため、より自然な作用が期待できます。
今までのピルで特にむくみが気になった人は試してみる価値があります。

ヤーズは、海外では避妊薬としての他にPMDD(月経前症候群PMSによる精神症状)やニキビの治療薬としても認可されています。

記事一覧
超低用量ピルは鬱の副作用があるかホームページで調べる 2020年05月19日

超低用量ピルは低用量ピルよりもさらに卵胞ホルモンの量を少なくした副作用の少ない薬です。主に月経による苦しい症状を解消するた目に使う薬です。そんな超低用量ピルです...

心房細動の症状で超低用量ピルは使用可能?タバコとの関係 2020年04月02日

心房細動の症状がある場合、超低用量ピルは使えません。心房細動とは、心房全体が細かく震え、痙攣する状態のことを指します。この状態が長く続くことによって、心臓から体...

超低用量ピルの購入方法 2019年11月11日

超低用量ピルの購入方法を調べた記事です。ヤーズなどの超低用量ピルは、月経困難症の治療薬として日本で認可されているお薬です。日本だけでなく、世界各国の女性に使われ...

超低用量ピルを入手するにはクリニックでの内診は必要か 2020年02月13日

生理不順やその他の月経トラブルの治療のために超低用量ピルを使用するというケースは少なくありません。そもそも、超低用量ピルは数年前に新薬として認定されたもので、従...

超低用量ピルをネット通販で購入すると価格は抑えられる? 2020年01月14日

超低用量ピルは日本で入手する場合、医師の処方がないと購入することが出来ません。しかもこの超低用量ピルは避妊目的に処方されることが認められていないので、必然的に治...

超低用量ピルや中用量ピルは内科で処方してもらえるのか 2019年12月13日

避妊や月経困難症などの病気の治療に用いられる超低用量ピル、さらには性行為後の金融的な措置が可能な中用量ピルは内科でも処方してもらえることもあります。そもそも、こ...

ピルとタバコは相性最悪 2019年10月07日

ピルの良いところは、ホルモンバランスに作用する事によって望まぬ妊娠をコントロール出来る事にあります。ホルモンに作用するのがポイントで、もともと体質的にバランスが...

ヤーズの死亡例 2019年09月22日

ヤーズを服用する際は注意が必要です。なぜかというとヤーズの死亡例が存在し、ヤーズを服用後3人が死亡しているからです。ヤーズには副作用として、血栓症を引き起こす副...

超低用量ピルと低用量ピルの違い 2019年09月04日

ピルには卵胞ホルモンと黄体ホルモンが含まれていますが、超低用量ピルと低用量ピルの違いはそのホルモン量です。超低用量ピルは卵胞ホルモンが低用量ピルの三分の二となっ...