• ホーム
  • 超低用量ピルを入手するにはクリニックでの内診は必要か

超低用量ピルを入手するにはクリニックでの内診は必要か

生理不順やその他の月経トラブルの治療のために超低用量ピルを使用するというケースは少なくありません。
そもそも、超低用量ピルは数年前に新薬として認定されたもので、従来の低用量ピルに比べて含まれる女性ホルモンの量が少ないのが特徴です。
ホルモンの作用によって引き起こされるピル独特の副作用を最小限に抑えることができ、結果的により安全に服用することができます。

ただ、この超低用量ピルは治療目的でのみ処方が可能な薬です。
避妊目的の処方は原則として出来ないので、入手するためにはどうしても専門のクリニックでの診察が必要になってきます。

クリニックでの診察と聞くと、内診があったり細かな検査を受けなければいけないのではと思われる人もいるかもしれませんが、実際のところはそうではありません。
中には血液検査などが初診時に行われるクリニックもありますが、超低用量ピルの処方だけが目的なのであれば内診が行われることはまずないのです。

女性の場合、特に妊娠を経験したことがない人であれば尚更、内診を受けることに抵抗を感じるケースは少なくありません。
そういった人でも、内診がないと事前にわかっていれば安心して受診することが出来るのではないでしょうか。

最近では超低用量ピルを取り扱っている産婦人科も増えてきてはいますが、すべてのクリニックで処方が可能というわけではありません。
中にはいまだに低用量ピルだけを処方しているというところもあるので、購入の際には事前にクリニックに問い合わせをしていくようにしましょう。
その際に内診の有無や検査の内容についても質問していくと、よりスムーズに超低用量ピルを入手していくことが出来るのではないでしょうか。